旬のたけのこを使い、旨みを十分に生かしたとっておきのたけのこレシピをご紹介♪この季節にピッタリなたけのこの香りと風味を存分堪能あれ。それではレシピを紹介していきたいと思います。

簡単で美味しい!たけのこごはん

たけのこが手に入ったら、
まず試して欲しいのが「たけのこごはん」。

たけのこ本来の旨みと良い香りが
ごはんの一粒一粒に染み渡っていて
噛めば噛むほど深い味わいに。

しかも、具材を入れて炊くだけなので
手間もかからず簡単なのが嬉しいですよね。

たけのこ楽々アク抜き方法

たけのこの下処理で必ずすべきなのが「あく抜き」。

定番は、ぬかを使ったあく抜きですが、
それだとお掃除が大変ですよね。

オススメは、ぬかの代わりに、
家庭で出たお米のとぎ汁
たけのこを茹で、あく抜きすること。

後片付けがとっても楽になりますよ。
 

[ad#co-5]

たけのこごはんはダシが命

たけのこごはんを美味しくするには、
炊き込むときのダシが重要なカギ。

ダシの味が美味しければ、
たけのこごはんの出来上がりが
グン!とグレードアップします。

また、ダシの味を変えることで
バリエーションの幅が広がり、
色々な味のたけのこごはんが楽しめますよ。

たけのこごはんと相性の良い具材

たけのこごはんと
最も相性の良い具材は、やはり油揚げ

安く手に入るし、一緒に炊くだけで
深みのある味わいになります。

さらに鶏肉を入れると、旨みが増してGOOD。

ボリュームもUPするので
おかず無しでも大満足の一品になりますよ~。
 

[ad#co-6]

たけのこごはん米の炊き上がりついて

たけのこごはんを炊くときには、
ダシと水の量を調節し
好みの硬さに炊き上げるのがポイント。

柔らかめが好きな場合は、
ダシと水の量をやや多めに、
硬めが好きな場合は、少なめに。

この時、くれぐれも
ダシが薄まりすぎないようご注意を。

ちょっと面倒ですが、目分量ではなく
計量カップで分量を計ってから入れると
失敗しないのでオススメです。

簡単で激ウマ!具沢山たけのこごはんレシピ

材料
・米 2合
・たけのこ水煮 100g
・油揚げ 1枚
・鶏モモ肉 50g

※ダシ汁
・水 300cc 
・麺つゆ(3倍濃縮)40cc
・醤油 大さじ1
・塩 小さじ3/1
・はちみつ 大さじ2

1:炊飯器に米を入れ、軽く2~3回研ぎ、水を捨てる。

2:たけのこを約1.5cm角の大きさに切る。
  油揚げは0.5mmくらいの短冊切りに、
  鶏モモ肉は1cm角くらいに切る。

3:手順2で切った材料を鍋に入れ、
  そこにダシ汁の材料を全て入れる。

4:鍋をひと煮立ちさせ、たけのこのアクを取る。

5:火を止め、鍋を冷まして粗熱を取る。
  (時間がないときは鍋ごと氷水に入れると良い)

6:粗熱が取れたら、
  鍋の中身を具とダシ汁に分ける。

  (ザル等を使うと分けやすい)

7:米の入った炊飯器にダシ汁を入れる。
  ダシ汁の量は、2合分のお米が
  ちょうど良く炊き上がる量を調節して入れましょう。

8:炊飯器に具を入れ、蓋をする。
  30分ほど放置してお米にダシ汁を吸わせる。

9:炊飯器のスイッチをONにして米を炊く。

10:炊き上がったら10分ほど蒸らし、
   よく混ぜたら完成。

冷めても美味しいので、
たくさん作って、翌日のお弁当にしてもOK。

たけのこの煮物と一緒に
ぜひ作ってみてくださいね♪
 


スポンサーリンク
[ad#co-1]