ふるさと納税で特産品をお得にGET!

みんな知っているようで意外と知らないふるさと納税のお得な話。日本全国の中で好きな地域の振興を手助けできる「ふるさと納税」を活用し、地域も私たちもお互いに得する豆知識を一挙にご紹介♪
 

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、簡単に言うと市町村などの自治体へお金を寄附すること。名前は「ふるさと」となっていますが、実はお金を寄付する先の自治体は、自分の生まれ故郷でなくてもOK。好きな自治体へ自由に寄附することができ、その代わりに住民税が還付・控除されるお得な制度になっています。さらに「寄付金を何に使って欲しいか」について使い道をこちらで指定できるという特徴も。これなら、寄附したお金をちゃんと生かしてくれそうで安心ですよね。

ふるさと納税の特典・お礼の品ランキング

ふるさと納税で嬉しいのは、地方にもよりますが特典として自治体の特産品を「お礼の品」として頂けるという点。税金額も控除できるうえに自慢の特産品が貰えるとあっては見逃せません♪なお、人気の特典ランキング情報によると、ふるさと納税の特典の中でもダントツで人気なのは「お肉」。特に牛肉が大人気で、なかなか手に入らない上質なお肉をお礼の品で送ってくれる自治体もあります。他にも、お米やフルーツ、カニなども上位にランクインしているので、色々とチェックしてみると面白いですよ。
 

ふるさと納税と確定申告について

ふるさと納税を行った場合は、その内訳を確定申告書に記載し、税務署で確定申告を行いましょう。そうすると、その年の所得税から還付が行われ、翌年度の個人住民税からは控除が行われます。控除額は基本的に住民税の2割になっているので、これは要チェック!さらに、2015年4月から「ワンストップ特例制度」が開始され、年間で5つの自治体への寄付までなら「申請書を寄附した自治体に郵送」した場合、その分の確定申告は不要になり、さらに便利になりました。これなら確定申告が難しそう・・・と思っている方も、より簡単にふるさと納税の手続きができそうですね。

ふるさと納税の限度額と税の軽減について

ふるさと納税は、個人につき2,000円を超える寄附から受付可能。「一人いくらまで」という限度額について特に決まった額は設けられていません。ただし、税負担を軽減する還付額や控除額は所得税・住民税の額によって決定し、寄附するほど多くなる訳ではないのでご注意を。自分の控除額の上限に応じてふるさと納税の金額を決めるのが賢い方法かと思われます。ネット上に「寄附金控除シミュレーション」など無料で使えるサービスがあるので、そこで予め控除額の上限をチェックしておきましょう。
 

ふるさと納税の還元率ランキングとは?

ふるさと納税のお礼の品には様々なものがあるため、当然、寄附金の額に対する「お得度」も違います。実は、特典の人気ランキングの他に、納付額に対する特典のお得度が高いもの順に並べた「還元率ランキング」というものがあるので、それをチェックして寄附先を決めるのも1つの手ですよ。ちなみに、還元率が高い品目を狙うなら牛・豚などのお肉かお米、メロンなどの高級フルーツの特典が狙い目。とくにお米は常温でも長期保存がきくのでオススメです。

ふるさと納税まとめ

このように、自治体は「活性化できる資金が集まって嬉しい」し、寄付した人も「名産品をお礼に貰って嬉しい」という、お互いにWIN-WINの関係になる嬉しいふるさと納税。出身地でなくても、縁あって住んでいた場所など思い入れの強い地域を応援できるのは本当に良い制度だと思います。あなたも思い出深い地域に、ぜひ「ふるさと納税という形でのエール」を送ってみてくださいね。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。