天気予報.navi

普段の生活の中で、何気なく見ている天気予報。実は、そこに色々な秘密が隠されているのはご存知でしょうか?気になる今後の天気の流れも踏まえて、早速、天気予報と豆知識についてチェックしましょう♪これで今日から天気予報を見るのが楽しくなります。

スポンサーリンク

天気予報と毎日の暮らし

現在、私たちの毎日の暮らしと天気予報は、切っても切り離せない関係にあります。例えば、大切な日の服装や、今日傘を持っていくかなど決めるときに、天気予報は判断材料としてとっても役立ちますよね。

生活に息づく天気の存在

また、作物の種をまくタイミングや桜の開花時期、梅雨明けはいつか?など、毎年巡ってくる季節ごとのイベントにも欠かせない存在。こうやって天気予報は、いつも私たちの生活をサポートしてくれています。
 

天気予報は誰が決めているの?

そんな頼りがいのある天気予報ですが、一体誰が決めているのか疑問に思ったことはありませんか?実は、天気予報は、機械と人間の共同作業で決められているんです。まず、気象庁にあるスーパーコンピューターが、日本全国から送られる気象観測データで計算。その後、これをもとにして気象庁の気象予報士が、自分の経験とかけ合わせて天気予報を出すそうです。

天気予報の当たる確率は?

それでも時には、天気予報が外れてしまう事ってありますよね。天気予報の当たる確率はおよそ65%~75%だそうで、逆を言えば30%程度の確率で予報は外れてしまうとのこと。これは気象庁にあるスーパーコンピューターの、「数値予報」という技術がまだまだ発展途中の段階で、細かいスケールの変化を予測するのが苦手な為だそうです。やはり機械も万能ではないのですね。
 

アメダスって何?

天気予報でよく聞く「アメダス」という名前。アメダスは、地域気象観測システムのことで、これを英語表記した時の5つの頭文字を取って、「AMeDAS(アメダス)」と呼ばれているそうです。アメダスはとっても優秀なシステムで、雨や雪、風などの気象状況について、時間ごと、地域ごとの細かいデータを自動的に観測しています。さすがのスーパーコンピューターも、アメダスのデータ無しでは詳しい予報を出せないため、天気予報を影で支えている重要な存在になっています。

降水確率は何%から傘を持っていく?

ところで、あなたは、降水確率が何パーセントだったら傘を持っていくのか、迷ったことはありませんか?降水確率は「その時間帯に1ミリ以上の雨降りがあるかどうか」を表すものだとのこと。これが40%~50%を超えるようなら、雨が降ると判断し、傘を持っていった方が無難かと思われます。30%は微妙なラインなので、かさばる長い傘ではなく、折りたたみ傘を持っていくと安心です。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。