Facebookの退会やアカウント削除方法

今やSNSの中で最も知名度が高いものの1つとして、代表とされる 【Facebook】このFacebookを使ってみた感想と、退会したくなった時の方法についてご紹介していきます。これでスッキリするかと思います。

スポンサーリンク

Facebookの歴史について

Facebookの前身は、学生同士の交流を図るため開始した「Thefacebook」というサービス。創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が2004年、大学在学中に開発したことで有名で、その2年後には全米で利用されるようになったそうです。ちなみに、日本でFacebookのサービスが開始されたのは2008年の春から。現在では1000万人を超える日本人が、Facebookを利用しているそうですよ。すごいですよね!

Facebookのメリットについて

私がFacebookを使って良かったと思うのは、充実した検索機能がある点。この検索機能のおかげで、音信不通になってしまった高校時代の旧友と再会できました。今ではお互い電話番号も変わってしまって連絡の仕様がなかったんですが、Facebookのおかげで、また高校時代のように連絡を取り合うことができ、本当に良かったと思っています。このように、連絡手段が分からなくなった古い友人ともう一度繫がることが可能なところは、Facebookの最大の魅力でありメリットですよね。
 

Facebookで注意することについて

逆に、Facebookを使い始めてから困ったこともあります。それは、不特定多数に自分の情報が検索されてしまうこと。以前私は、勉強のためセミナーに参加したのですが、帰宅すると、その参加者の大半から友達申請が届いていたのには驚きました!その中には、一言も話していない人も多数いました。友達なら構わないですが、知らない人からも簡単に名前を検索されてしまうのは少々困りものですね。

就活生はタイムラインの投稿に気をつけろ!

そして最近は、Facebookについてこんな話が。聞くところによると、就職活動で応募してきた学生の情報を企業の採用担当者がFacebookで検索をかけていると言うのです。それで、タイムライン上の投稿などを見て「この子はウチの会社に適した人材か?」などと判断しているそうですよ!入社した後でも、上司にコッソリ検索されているなんて事もあるとか。こういう噂もあるので、タイムライン上に載せる投稿や写真は慎重に選ぶよう、注意する必要がありそうですね。
 

Facebookで自分の名前や投稿を検索されない方法は?

ところで、あなたも「Facebookで自分の情報を検索されていた」という経験はありませんか?私はこれが嫌だったので、「自分の名前や投稿を検索されない方法」を調べてみたのですが、残念ながら現在Facebookでは「名前」と「プロフィール画像」までは他の人から検索されないよう設定するのは無理とのこと。とりあえず、不特定多数の人にタイムラインを見られないよう、投稿の公開範囲をいじるしか無いようです。設定で投稿の共有範囲を「友達」に変更すれば、友達以外に自分のタイムラインの投稿を見られなくなります。不特定多数の人から投稿を見られたくない場合は、早速やってみてくださいね。

Facebookを退会する方法

それでも、色々あってFacebookを完全にやめたくなった時は、Facebookを退会しアカウントを削除することが可能です。削除する時の手順は、「ヘルプ」をクリックし「ヘルプセンターを見る」を選択。次に「アカウントの利用解除と削除」から「自分のアカウントを削除するにはどうすればよいですか」というところをクリックします。すると「アカウントの削除」というページに移動するので、文中にある「Facebookにご連絡ください」というリンクをクリックしましょう。最後に「アカウントを削除」というボタンをクリックすれば、Facebookアカウントをキレイさっぱり削除することができます。なお、14日間以内であれば再びログインすればアカウントを復活できるそうなので、後戻りも可能ですよ~。完全に削除したい場合は14日間ログインせず、じっと我慢しましょう!
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。