2016年 読売ジャイアンツ ベストオーダー

以前の記事で今年のジャイアンツの開幕スタメンメンバーを予想してみたが、

今回は、1年間シーズンを戦う上でのベストメンバーについて考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

開幕スタメンはこうだった

開幕スタメンは相手投手のライアン小川に対して相性が良いとのことで、
新人の【重信】ではなく、【亀井】をスタメンで起用した。

1 長野(ライト)
2 立岡(センター)
3 坂本(ショート)
4 ギャレット(ファースト)
5 クルーズ(セカンド)
6 亀井(レフト)
7 村田(サード)
8 小林(キャッチャー)
9 菅野(ピッチャー)

 
打順こそ多少違ったが、亀井以外はほぼ予想通りのスタメンだった。

しかし、この日亀井は期待に応えられずノーヒットで終わった。
 
2戦目以降は重信がスタメンに名を連ねる可能性は高い。
 
また、同じくこの日ノーヒットだったサード村田に拘らず、
個人的には、クルーズをサードに回して、
片岡をセカンドに入れてみても面白いと思っている。
 

それを踏まえた上でのベストオーダー

やはり期待も込めて、2番レフトは、
【重信】を起用して欲しいと思っている。

1 立岡(センター)
2 重信(レフト)
3 長野(ライト)
4 ギャレット(ファースト)
5 クルーズ(セカンド)or (サード)
6 坂本(ショート)
7 村田(サード)or 片岡(セカンド)
8 小林(キャッチャー)
9 〇〇(ピッチャー)

足も絡めた戦術も使えるため、
個人的にはこれがしっくりくる打線だと思う。
 

スポンサーリンク

~ 先発ローテーションについて ~

開幕戦は菅野の見事な投球により、
勝利をもぎとりチームとして良き船出となった。
 
しかし、先発のコマは決して揃っているとは言えず、
前途多難であることは否めない。
 
特に、今年はドラフト1の【桜井】を筆頭に、
ローテーション全員が20代ということになりそうだ。
 
おそらく、2戦目以降は【高木】⇒【田口】⇒【ポレダ】⇒【桜井】と続き、
中5日で菅野に戻すというローテーションを組むことが予想される。
 
しかし、連戦が続く時には、【今村】【中川】などの6番手投手の
谷間を埋める投手も召集されるだろう。
 
杉内、大竹、マイコラスが出遅れて、
内海が本調子ではないのが現状なので、

いずれにしても経験の浅い投手に託さざるを得ない。
 

~ 今シーズンのカギを握る選手は?! ~

やはり、キーマンは全員なのだが、
特に、センターラインの3人である
【坂本】【クルーズ】【立岡】

投手では、勝ちが計算できる唯一の投手である【菅野】。
安定感のある力強いピッチングを期待したいストッパーの【澤村】。

彼らが一年間、結果を残し続けることができれば、
自ずと優勝争いに食い込んでいけるだろう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。