新宿駅suica自動チャージの知られざる真実【駅にまつわる都市伝説】

新宿駅にはsuicaにまつわる不思議な都市伝説があった。そして、その先にある真実とは・・・?

スポンサーリンク

新宿駅とsuica

1日の利用者数が約73万人と言われている新宿駅。

つまり、毎日73万人というとてつもなく膨大な数の人達が、続々と改札を通過していくのである。
 
そして、今ではほとんどの人がICカードsuicaを利用して自動改札を通る。

このSuicaには電子マネーの機能が付いていることは、あなたもご存知だと思う。

券売機でお金をカードに入れることが可能で、入れた金額は電子マネーとして運賃や商品の購入などに利用できるというアレのことだ。

 

ところで、このSuicaの電子マネー。

時々、残額が増えているように感じたことはないだろうか?
 
「あれ、お金を入れていたっけな?」
 
ほとんどの場合「多分、気のせいだろう。」と流すのがオチだと思う。

しかし、あなたが新宿駅を度々利用しているなら、それは気のせいではなく本当に残額が増えているのかもしれないのだ。

今から、その真相を教えよう。

スポンサーリンク


新宿駅でsuicaの残額が増える!?謎の真相について

実は、新宿駅の改札をsuicaで通過すると、
 
350万分の1の確率で2,000円分の電子マネーが自動的にチャージされることがある
 
というのだ。
 
この自動チャージは、機械のシステムの誤作動なのか、はたまたJRのキャンペーンによるものなのか、原因については謎に包まれている。
 
しかし、原因が何にせよ、タダで2,000円分がチャージされるというのは交通費の足しにもなるし、非常に嬉しいことだ。

特に、残額が少なくなった時やお金の持ち合わせが無い時には、なおさらラッキーに思えるだろう。
 
もし、あなたのsuicaの電子マネーが知らない間に増えている事があったら、新宿駅の自動チャージに見事当たったのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。