2016年 読売ジャイアンツ スタメン

10年続いた原政権から由伸政権へとバトンタッチされ、いよいよ開幕する2016年の読売ジャイアンツ。個人的ではあるが、ベストスタメンを考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

昨年貧打に嘆いた打線にどうテコ入れするか?

他球団やメジャーリーグから新戦力も加入し、
これが良い起爆剤になるかどうかがカギとなる。
 
その新戦力で個人的にキーマンになるであろうと考える選手は、
早稲田大学からドラフト2位で入団した【重信慎之介】外野手だ。
 
身長は公表で173cmと小柄だが、
俊足かつ好打の持ち主でバッティングフォームは、
元ヤクルトで現在は大リーグで活躍中の青木宣親を彷彿させる。
 
キャンプ中の練習試合や、オープン戦前半は好調をキープしていたが、
オープン戦が進む内に少しずつヒットが出なくなってきている。
 
しかし、由伸監督は根気強く彼を2番レフトで起用し続けている。
 
才能はピカイチだと思うので、
ジャイアンツの外野のスタメン激戦区に割って入るのは大変だが、
このまま使い続けて欲しいと思っている。
 

開幕スタメンはこれだ!

新外国人選手も、
ヤンキースから、【ギャレット】、ロッテから、【クルーズ】が加入し、
フレッシュな顔ぶれになりそうな今年の開幕スタメンを考えてみた。

1 立岡(センター)
2 重信(レフト)
3 長野(ライト)
4 ギャレット(ファースト)
5 クルーズ(セカンド)
6 坂本(ショート)
7 村田(サード)
8 小林(キャッチャー)
9 菅野(ピッチャー)

 
1番はジャイアンツファンなら満場一致に近いであろう【立岡】
今年は打率3割越えはもちろんだが、
できれば、200本安打も目指してほしい。
 
ケガさえなければ、それくらいの成績を残せるだけの
素質は秘められていると思う。
 
2番は、期待も含めて【重信】。

岡本に関しても同じだが、
おそらく由伸監督は多少成績が出なくても、
辛抱強くこの2人を使い続け育てるのではないだろうか。
 
3番はオープン戦の成績から見て、【長野】がベストだろう。
昨年ケガで不完全燃焼だった分、
今年はクラッチヒッターになって活躍して欲しい!
 
4番は、ホームランを期待できる【ギャレット】。
5番は、片岡、中井などに比べパワーも守備も上回る【クルーズ】。

6番に、復調に期待したい【坂本】。

7番は、岡本が2軍スタートとのことで、
結局は【村田】になりそうだ。
しかし、岡本も早い段階で這い上がってきて欲しい。

8番は、阿部、相川が2軍スタートということで、
加藤、實松などとの併用になるかと思うが、
開幕は肩の強い【小林】だろう。

9番で開幕投手は【菅野】で間違いない。

スポンサーリンク


~ まとめ ~

今年、由伸監督は監督1年目ということもあり、
何がなんでも優勝するんだ!とは思っていないと思う。
 
若い戦力である、重信、岡本を育てながら起用し、
ケガが心配な坂本は一年フル出場ではなく、
時折クルーズをショートに回したりして、上手く起用するだろう。
 
外野も、病み上がりの長野もフル出場は厳しいかと思うので、
亀井、立岡、重信、太田を巡回されながらの起用になる。
 
投手に関しては、マイコラス、杉内、大竹が目処が立たず、
内海はオープン戦で炎上して計算外。

菅野、田口以外はオープン戦でもいまいちピリっとしない内容だ。
 
こんな状況を打破する意味でも、
オープン戦でもまずまずの成績を残している、
今年ドラフト1位の【桜井俊貴】に期待したい!
 
おそらく開幕ローテーションは、
菅野、田口、ポレダ、桜井、高木、今村あたりではないだろうか。
 
戦力から見て、阪神、ヤクルトと優勝争いの激戦になりそうな、
2016年のペナントレースになりそうだ。
 
もちろん優勝することは期待したいが、
原監督が当時19歳だった坂本を我慢強く使い続け、
不動のスタメンショートに育て上げた様に、

重信、岡本といった次世代のスタメン選手になる有望株を、
今年一年、辛抱強く使い続け育て上げていって欲しい。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。