ビッグサンダーマウンテンの怪|都市伝説

1984年に開園した東京ディズニーランド。
毎年の様に、入園料が上がってきているのにも関わらず、依然として入場者は増え続けているという。

アトラクションの急停止事故

そんな歴史を誇るディズニーランドだが、
あるアトラクションで急停止事故が発生していた。

当時その事故は機器の故障ということで、表向きには報道されていたのだが、
実はその事故には驚くべき事実が隠されていた。

その事故原因の真実とは?!

その急停止事故があったアトラクションとは、
現在でも人気のビッグサンダーマウンテンだった。

事故当時、アトラションの運転室で働いていたスタッフの話はこうだ。

その時、ビッグサンダーマウンテンが急停止したのは原因不明で、
機器などしっかり点検をしたが、特にこれといった不具合は確認できなかった。
 

[ad#co-5]

こんな現象が起きたのも初めてだった。

その後、急停止した原因を明確にさせようと、運転室にいたスタッフたちは、
ビッグサンダーマウンテンの監視カメラの映像をチェックしていた。

その時、突然 「キャッーーー!!」と、
ある女性スタッフが周りが驚くほどの悲鳴を上げた。

悲鳴を上げた女性スタッフが見たものは?!

その女性スタッフの悲鳴を聞いて、
他のスタッフ全員が女性が見ているカメラの前に集まった。

何とそこに映っていたのは、監視カメラには、
絶対に映り込むはずがない小さい男の子を連れて歩く、
長い髪の女の姿だったのだ。

絶対にカメラに映り込むはずがない理由

急停止した際には、その親子の姿は誰にも確認されていなかった。

しかもその2人は、この1台のカメラだけではなく、
全ての監視カメラの映像に順番に映り込んでいたのだ。

それもビッグサンダーマウンテンのレールの上を、
アトラクションより速いスピードで、
次々と飛び回っていたのだった。

スタッフがよく見ると、その女性と子供はうっすら透けていて、
その親子越しに風景が見えていたらしい。

あの世から子供を連れて遊びに来ていたのかもしれない・・・


スポンサーリンク
[ad#co-1]