日光東照宮の秋例祭2017の見所!日程や千人行列のタイムテーブルを紹介

栃木県内で開催される秋祭りの中でも有名なのが、日光東照宮で毎年10月に執り行われる秋の例大祭。江戸時代の行列を再現した「千人行列」が執り行われる【渡御祭】や、流鏑馬や舞の奉納など見所が多数!早速、今年2017年の日程や千人行列など主なイベントのタイムテーブルなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク

日光東照宮の秋祭り2017日程やアクセスなど開催情報

2017年の日光東照宮【秋の例大祭】の日程は、10月16日(月)・17日(火)の2日間。時間については、16日が13:00~、17日が11:00~を予定。会場となる日光東照宮は駅から離れているため、JR日光線「日光駅」もしくは東武日光線「東武日光駅」からバスに乗車するのがオススメ。東武バスの中禅寺温泉行か湯元温泉行に乗り、バス停「総合会館前」で下車すると、歩いて10分程度で到着できますよ。
 

日光東照宮の秋祭り2017の見所やタイムテーブルは?

日光東照宮の秋祭りは、1日目に「神事流鏑馬」の実施、2日目には一番の見所となる「百物揃千人武者行列」が実施されます。2日間のタイムテーブルは、【1日目(16日)の「神事流鏑馬」■13:00~馬場入り行列■13:30~14:00流鏑馬(場所:表参道)】【2日目(17日)の「百物揃千人武者行列」■11:00~11:40千人武者行列による「神輿渡御祭」で日光東照宮から御旅所へ行列が向かう■12:00~12:30行列が御旅所に到着後、「御旅所祭」を実施■13:00~13:30「還御」御旅所から日光東照宮へ行列が戻る】という流れで予定されています。
 

日光東照宮秋の例祭2017の駐車場や混雑状況について

毎年、この秋の例祭の時には、日本全国からいつもにも増して観光客の数が多くなります。今年の開催日程は2日間とも平日ですが、それでも油断は禁物。駐車場は少なくとも開始2時間前に停めておかないと、空いている場所を探しにウロウロしたり、会場からかなり遠い場所に停めるハメになったりするので注意しましょう。停めやすい駐車場の場所については、こちらの記事でもご紹介しているので、もし良ければ併せてチェックしてみてください。とくに2日目は人出が多いので、ベストポジションで観覧希望の場合、午前9時頃までには現地到着されるのがオススメです。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。