がに股歩きを10日で改善!悩みの原因を取り除く3つの方法

男性に多い【がに股歩き】ですが、これを女性がやってしまうのは厳禁!私も最近、家族から「がに股歩き」を指摘され、それがきっかけで「何とか美しい歩き方に改善したい」と一念発起!「がに股になる原因と治し方」を調べて実践してみたところ、なんと10日程で「ずいぶん良くなったね!」と言われることに成功!今回は、そんな私が実践し、とくに効果があった改善法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

がに股になる原因とは?

がに股になる大きな原因は「筋肉のアンバランス」によるものです。どこの筋肉のアンバランスか?というと、太ももの外側と内側の筋肉の付きかたのアンバランスです。人は「歩くときに脚の外側の筋肉、走るときには脚の内側の筋肉」を重点的に使います。年齢と共に、歩くことはあっても、走ることは、かなり減っていきますよね。なので、太ももの外側の筋肉は維持できても、内側の筋肉は、だんだん衰えていくのです。その過程で、太ももの筋肉が外へ外へと引っ張られ、骨も外側へ変形していくことによって、がに股になってしまうのです!

がに股は最近のダイエット事情とも関係あり?

最近は、年齢が若い女性の間でも、がに股歩きになっている人が増えています。「O脚なんじゃないの?」と思われがちですが、実は「足を細く見せたい」という願望が原因になっているというのです。どういうことか?といいますと、脚に不要な筋肉をつけないように気を遣った結果、脚の筋肉がしっかり発達せず、とくに内側の筋肉が衰えて「がに股歩き」になってしまっているのです。脚のダイエットは結構ですが、ほどよく筋肉をつけるようにも注意するべきですね。
 

簡単にできる!がに股改善法その1「ペットボトルばさみ」

ここでは、私が試して効果のあった「がに股歩き改善法」を1つずつご紹介!まずは1つ目【ペットボトルばさみ】から。やり方は、簡単♪椅子に座り、両太ももの間に2ℓの空のペットボトルをはさみます。コツは、内ももでペットボトルをつぶすように挟むこと。ペットボトルがカチカチとつぶれる音がしたら、もどします。これを10回程繰り返して1セットとし、1日2回やってみてください。ペットボトルの音が気になる方は、15~20㎝のゴムボールでも代用できますよ。

がに股改善法その2:膝バスタオル法

2つ目の方法は、名付けて「膝バスタオル法」!まずは立って両膝の間に、折ったバスタオルを挟みます。そして、タオルを挟んだまま、膝の曲げ伸ばしを10回程繰り返します。この時、両足のつま先が離れないよう、しっかりつけておくことが重要なので、ここはしっかり意識しましょう。これは10回を1セットとし、1日2~3回行うと効果的ですよ。
 


 

がに股歩き改善法その3「膝の裏ストレッチ」

3つ目の改善法は、膝の裏ストレッチ。まず、椅子を用意し、片方のかかとをのせます。次に、椅子にのせた足とは反対側の手を、椅子にのせた足の膝におきます。そのまま体を前に倒して10秒程静止。もう片方の足も同じように繰り返して5回づつ行います。これは1度やるだけで、結構筋肉に良い刺激が実感できるので特にオススメ。1日2回やると、かなり良くなりますよ。

一番大切なのは「続けること」です

人間の体は固まったまま動かないということは無いので、今がに股だからと言って全く改善されないということはありません。これらのの改善法を実践し、がに股が改善されたら、お気に入りのハイヒールなどを履いて美しい姿勢で街を歩いてみて下さい。きっと自分に惚れ惚れしますよ♪そしてなにより大事なことは、継続して行うことです。まずは10日間、ぜひ実践してみてくださいね。
 


スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。