岩内仙峡もみじまつり2017の日程と見所!紅葉の見頃時期も紹介

帯広方面で有名な紅葉スポット【岩内仙峡(いわないせんきょう)】で開催される秋の恒例イベント「岩内仙峡もみじまつり」が2017年もやって来る!屋台の出店やステージショーなど楽しい企画満載で、毎年多くの人が訪れる人気イベントです。早速、2017年の日程や見所をはじめ、気になる紅葉の見頃情報についても併せてチェックしていきます。

スポンサーリンク

岩内仙峡もみじまつり2017の日程や時間など開催情報!

【岩内仙峡もみじまつり2017】の日程は、10月8日(日)に決定。開催時間については、10:00~14:30を予定。会場は、晴れの場合「岩内仙峡一帯」(住所:北海道帯広市岩内町西1線西1線49)となっていますが、雨天の場合は「川西農業者研修センター」(住所:北海道帯広市川西町西2線59-48)に変更となるので、お出掛け前にお天気をチェックしてから来場されるのがオススメです。
 

岩内仙峡もみじまつり2017の見所イベントは?

岩内仙峡もみじまつりの見所といえば、やはり「秋の味覚系イベント」。地域で採れた野菜やお肉(ジンギスカン)を存分に楽しめる「秋の味覚コーナー」や、「野菜の重量あてクイズ」「地元特産物の格安販売」など、帯広の良さを存分に味わえる企画が満載です。また、ポニーと触れ合えるコーナーがあったり、アスレチックなどお子様が喜ぶ企画もあり、ご家族で楽しむのにもピッタリです。ステージでは、YOSAKOIソーラン舞踊の披露やカラオケ大会などが実施されるので、美味しい帯広グルメを食べながら楽しく観覧しましょう。
 

スポンサーリンク

岩内仙峡の紅葉2017の見頃はいつ?祭りの日は見頃時期と重なる?

ここで気になるのが、岩内仙峡の紅葉の見頃について。「2017年はいつ頃になるのか?」また「もみじまつりと時期と重なるのか?」ということですよね。例年は、10月に入ってすぐの頃から紅葉が始まり、10月15日あたりに見頃を迎えるという流れになっています。ただ、最近の帯広は以前より9月末~10月始めの温度の低下幅が緩やかな感じがするので、最低気温が8℃程度になる日が続くのは、10月に入って数日かかる可能性も高いです。紅葉開始2017年は【紅葉開始:10月3日~5日あたり】【見頃:10月17日~20日あたり】と予想。もみじまつりの開催される10月8日は、4分~5分くらいの色付き具合になりそうです。
 

岩内仙峡の紅葉2017のアクセスや駐車場情報について

岩内仙峡は、最寄駅JR「帯広駅」から離れた場所にあります。そのため、お車での来場を想定し、広い駐車場が用意されています。収容可能台数は、合計で2,000台ほど。車でアクセスした場合、帯広駅からなら約50分。最寄インター帯広川西ICからも、約50分かかるため、時間に余裕を持ってお出掛けされるのがオススメ。なお、もみじまつり当日には「岩内仙峡と帯広駅を結ぶ臨時バス」が出る予定になっているので、車が運転できない場合は、そちらを利用されるという選択肢もありますよ。バスの時間は「帯広駅発9:20」と「岩内仙峡発14:40」の各1便ずつ。料金はそれぞれ2,000円になります。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。