信州大学学校祭2017ゲスト決定!日程や出し物など見所情報チェック!

甲信越エリアで開催される大学の学校祭の中でも、例年注目を集めている「信州大学松本キャンパス」の学校祭【銀嶺祭(ぎんれいさい)】。2017年で第52回を迎えます。今年の芸能人ゲストも決定し、模擬店やステージなど楽しめる出し物もたくさん!早速、2017年の開催日程や出し物の時間など、見所について詳細をチェックしていきます。
 

スポンサーリンク

信州大学2017銀嶺祭の日程やアクセスなど開催情報

2017年の信州大学学祭【銀嶺祭】は、10月28日(土)・29日(日)の2日間で開催。今年のテーマは「住人十色、それぞれの色で銀嶺祭を飾りましょう」という意味を込めた【palette(パレット)】に決定!キャンパス内をはじめ、周辺地域が最高に盛り上がる2日間になりそうです。アクセスの際は、JR松本駅からバスに乗車するのがオススメ。バスターミナルは、松本駅東口(お城口)を出てすぐ見える「アリオ」の1階にあります。のりば1番から「信大横田循環線」か「浅間線」に乗車し約15分、バス停「信州大学前」で降車すると正門の近くに着きますよ。
 

信州大学学校祭【2017銀嶺祭】の芸能人ゲストと出演日時!チケット販売はいつから?

2017年の銀嶺祭のゲストは、俳優の本郷奏多さんに決定!トークショーが実施されます。出演日程は、10月29日(日)の12:00開場・13:00開演予定。会場は、松本キャンパスの第一体育館。当日は質問コーナーも企画されているので、ここでしか聞けない裏話などが出てくるかも!?気になるチケット販売は、9月1日(金)の12:00~開始!料金は(一般1,500円)です。チケットは「eプラス」のサイトで販売されますので、こちらもチェックしてみてくださいね!
 

信州大学学校祭2017の注目の出し物は?見所を紹介!

2017年も、銀嶺祭では様々な出し物が登場!学生・教員が出演する大喜利ステージ「ボケてIPPONグランプリ」や自慢の芸を競う「一芸王」などのステージ企画、美味しいお祭りグルメを販売する模擬店なども必見ですが、とくに要チェックなのが「チャリティーバザー」。衣服・雑貨、食器など、意外な掘り出し物が安く購入できたりするのでお得ですし、売上は松本市内の福祉施設に寄付される予定なので社会貢献も出来て一石二鳥。私も過去に立ち寄った際、セーラーマーズのぬいぐるみを10円で手に入れたという思い出があります。あなたも名品に遭遇できるかも?当日はぜひ足を運んでみてくださいね。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。