吃音の改善方法や克服の仕方について

私が小学生の後半~高校生の頃にかけて吃音に悩んだ時、試みた改善方法は読書の音読です。声を出すことにより適切な呼吸方法が分かってきます。後は落語とか浪曲の練習や、音楽の合唱も良いですね。いずれもしっかりと声を出す練習にとても役に立つのでオススメです。

スポンサーリンク

吃音を改善する方法について

吃音の改善する方法の一つとしてて、ゆっくりとしゃべるという方法があります。自分がしゃべれるであろうスピードより意識してゆっくりしゃべる事で落ち着いて話が出来るようになります。また、相手の会話のペースも落とせますので、安心して会話できるようになります。安心して会話する事は吃音改善に効果がある場合があります。

吃音の傾向を把握しよう!

吃音の人は、早口になることが多いです。特にどんな状況に置かれたときに早口になって吃音が出るかどうかを自分で客観的に確認することも大切です。吃音が出ている時がどんな時なのかが分かれば、その状況になった時にゆっくり話すというトレーニングを行い、それを習慣にしていくと吃音が治っていくことが多いようです。
 

吃音から回復するための情報

流ちょうな会話ができるには、脳を正常に回転できる環境が必要になります。吃音から回復するには実績がある医師やノウハウに頼りながら、順調に事が運ぶリハビリを繰り広げることが大切です。回復できる確率もかなり高く、やってみる価値は十分にあります。

⇒ 吃音を改善する方法とは?!

吃音は精神状態とリンクする!?

私が吃音の改善をするため専門医を訪ねたときに聞いたのですが、吃音の原因の1つは「精神状態」であるとのこと。その先生いわく、精神的に緊張した状態だと「上手く喋ろう」と力が入るため、余計に吃音がひどくなるのだそうです。吃音の改善には、人と対峙してもリラックスできるような状態に自分を持っていくこと。人前でもリラックスする方法には個人差があるので「これだ」と思う方法に巡り合うまで、諦めずに色々と試してみることが大切です。
 

吃音の人は他人を思いやれる優しい人

私のかかりつけの専門医の方に聞いた話なのですが、吃音で悩んでいる人は、他の人が聞きやすいよう上手く喋ろうという意識が強く、他人を思いやることができる優しい人が多いのだそうです。そのため、吃音を改善するには「他人にどう思われようと関係ない」というダイナミックさも必要だと言われました。

マイペースでゆっくりと

「上手くなくて結構。他人がどう評価しようが、自分の話したいよう気楽に話す」これを心掛けるだけでかなり違うそうです。最初は勇気がいるかもしれませんが、この言葉を繰り返し意識し、自分のペースで話してみてください。きっと、以前より上手く喋れるようになっていくと思います。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。