臨時福祉給付金の申請期間はいつまで?支給条件もチェック!

2014年の4月に消費税が8%に引上げられたことに伴い、この度、所得に対する影響を緩和することを目的とした【臨時福祉給付金】という給付金の支給が政府により決定されました。今回は、この給付金が貰える条件や申請期間、申請方法などについて詳しくチェックしていきます。
 

スポンサーリンク

臨時福祉給付金の制度や金額について

今回給付される【臨時福祉給付金】制度は、政府の経済対策として「消費税の引き上げで最も影響を受けると思われる所得の少ない方に対する暫定的・臨時的な措置」として実施。これは世帯ではなく個人単位が対象になるもので、支給要件を満たせば一人につき1万5千円が支給されます。なお、支給は1人につき1回となっており、2回以上の支給はありません。
 

臨時福祉給付金が貰える人の条件について

この臨時福祉給付金を貰える人の条件(支給要件)は、基本的に住民税が非課税になっている人。平成28年度の臨時福祉給付金(3,000円)の受給者や、平成28年度の年間所得で住民税が非課税になる人が主に対象となります。なお、2016年1月1日時点で生活保護を受給していて、現在も引き続き受給している人は対象になりません。また、所得のある人の扶養家族になっている人も対象外なので注意しましょう。
 

臨時福祉給付金の申請期間に注意!早めにチェックすべし

臨時福祉給付金の申請期間は、市町村によって異なるので注意が必要です。詳しい申請受付期間や方法については、お住まいの市町村の公式ホームページや、政府の臨時福祉給付金の公式ホームページですぐに確認することが出来るので、「支給対象になっているのに期間が終わってしまった!」とならないように、早めにチェックしておきましょう。
 


スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。