DAZN(ダ・ゾーン)の評判や使い方などについて

私はF1グランプリを視聴したいと思い、DAZN(ダ・ゾーン)の入会を検討することに。以前はBSフジで中継がありましたが去年から撤退したようで、代わりにVIPboxという無料配信を使っていました。最近はDAZNでも視聴可能になったそうですね。今回はDAZNの評判や使い方に関することをご紹介していきます。

スポンサーリンク

安さが魅力のDAZN(ダ・ゾーン)

私はJリーグを観戦するために、DAZNを契約しています。画質は今のところHuluやNetflix等と比べればそれほど良い訳ではありませんが、パソコンで問題なく見れていますので個人的には満足しています。一番のメリットは、やはり月額料金の安さでしょう。月額1,750円(税込だと1,890円)であらゆるジャンルのスポーツ中継が観られるのですから、スカパーなどCSスポーツチャンネルよりもお得だと思います。今後もこの料金を維持して、さらにコンテンツが増えることを期待しています。

DAZNの料金をさらに割安にするコツ

DAZNの料金は普通に使うと月1,750円ですが、携帯のキャリアにドコモを使っている場合は、月額980円の「DAZN for docomo」に入会すれば正規料金よりも800円ほど割安で使えます。また、ドコモユーザーでなくても「DAZNとdTVを一緒に契約する」という方法をとれば、月々1,280円でDAZNとdTVの両方が視聴できてお得になるので、これから加入を検討している場合は試してみると良いかもしれませんね。
 

DAZN視聴のおすすめ環境について

実はDAZNの推奨環境はindows8.1以降です。Windows7でも再生できなくはないですが、ちょっと動作が不安定な感じがします。もし古いパソコンを使っているんでしたらこれを機にパソコンを買い替えるのがいいかもしれません。また、ブラウザはグーグルクロームだと度々画像が止まってしまうのですが、代わりに「マイクロソフトエッジ」を使ってみたところスムーズに視聴できました。DAZNをPCで視聴するならマイクロソフトエッジがオススメです。

見逃し配信&追っかけ再生

私はDAZNでよく見逃し配信と追っかけ再生を利用しています。見逃し配信については、試合終了から30日間は視聴可能になっているため、ビデオ録画予約の手間などもなくなり本当に助かります。また、試合開始時間よりも少し遅れて視聴する時は、追っかけ再生を利用すると、今まさに生中継されているかのような感覚を味わいながら観戦して楽しめるのでオススメですよ。
 

ダゾーン解約方法について

ダゾーンには入会から1か月の無料期間がありますが、継続する気のない場合はオンラインで解約ができます。実はダゾーンの解約は、スマホのアプリからは手続できません。やり方としては、公式サイトにアクセスし、登録メールアドレスとパスワードを入力し「マイアカウント」にアクセスします。その後、マイアカウントのページにある「ご契約内容」という項目を見つけ、その中の「退会する」ボタンから解約手続きを進めていきましょう。手順に従って進めていけばスムーズに手続できますし、最後の退会理由は空欄でもOKです。1か月経たないうちに解約手続が終了しても、残りの日数があればその間は視聴することが出来るので、忘れそうな場合は早めに手続きしておいた方が良いかもしれません。
 


スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。