粗大ゴミの適切な捨て方をご存知ですか?

テレビやパソコン、ベッドなど、一般ゴミとして捨てることのできない粗大ゴミが出てしまい、捨て方が分からず困った経験はありませんか?今回はそんな粗大ゴミの適切な処分の仕方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴミ処理場に直接持ち込みでお得に!

粗大ゴミを捨てる場合、専用のシールを貼り付け、ゴミ捨場に置いて回収を待つというスタイルが一般的だと思いますが、私はゴミ処理場に直接持ち込み、処分するようにしています。持ち込みの際、運転免許証などの身分証明書の確認と簡単な書類の記載はありますが、手続きはとてもスムーズで、値段についてもシール代と比べてかなりお得なのでオススメします。

粗大ゴミの捨て方について

粗大ゴミとは一般にゴミ袋に入らないサイズのゴミの事を指します。粗大ゴミの定義については自治体によって違いますので、お住いの自治体のHPなどを確認してください。処理方法としては戸別収集か自己搬入かになります。戸別収集の場合は手数料がかかります。自己搬入の場合は無料の場合が多いですが、どちらの場合も品目や重量などについて制限がある場合があります。
 

収集?持ち込み?粗大ゴミの捨て方

粗大ゴミの捨て方って知っていますか?自治体でおこなっている粗大ごみ回収は、回収と持込の2パターンがあります。回収は、自分で事前に自治体に連絡をして自宅前まで回収しにきてもらう方法、持ち込みは、自分で車等を使ってゴミ処分場まで持ち込む方法です。どちらも大きさや重さで決められた料金がかかります。また、お金をかけたくないのであれば、リサイクルショップに持ち込むということもできます。楽なのがいいのか、安いのがいいのか?ご自分にあった粗大ゴミの捨て方を選んで下さいね。

抱え込むと厄介な粗大ゴミ

粗大ゴミを捨てる場合、私はいつも住んでいる市の粗大ゴミセンターに電話予約を入れ、コンビニエンスストアでチケットを購入し、必要事項を記入した上、回収当日の朝に自宅前に出しておくというオーソドックスな方法をとっています。年に一度、自治会主催で何でも回収してくれる日があるので、その時もある程度出すようにしていますが、抱え込むと邪魔で仕方ないので、捨てると決めたものはすぐに電話予約を入れて回収してもらっています。
 

自治体によって粗大ごみの処分の仕方が違う

数年前、仙台市からさいたま市へ引っ越してきました。ごみの捨て方のルールはその地域によって異なることは知っていましたが、何が「粗大ごみ」として扱われるか、という点で異なることを始めて知りました。今まで、粗大ごみと認識していた、こたつ・電子レンジ・布団など、1辺が30㎝を超えるものでも、さいたま市では粗大ごみの回収券不要で捨てることができます。

粗大ゴミの捨て方 まとめ

壊れてしまった大きな本棚、もう使わなくなった子供のベッドなど、時として粗大ごみを処分したいことがあると思います。現在各自治体では地域のステーションにおいて定期的に粗大ごみの回収は行っていないと思います。私はこの最近2つの市で粗大ごみの処分を行いましたましたが、それぞれ方法が違いました。ちなみに私は少し大きめの車を所有しているので、自己搬入が可能でした。1つ目の市は、自治体に電話連絡し、氏名・電話番号、ゴミの種類や大きさを伝えた上で、処理にかかる費用分のごみ用シールをコンビニ等で購入、その後指定されたゴミ処理場に搬入するもの。小さな物でも最低300円はかかりました。2つ目の市では、特に事前連絡なく搬入し、ある程度の大きさの物なら無料で引き取ってもらえました。地域によってゴミ処理場の規模や扱いが違うのですね。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。