花粉症に効果的な対策や予防はこれ!!

毎年春になるとスギ花粉に悩まされる方は多いと思います。ひどい場合は、注射を打ってもらうこともあるでしょう。それを踏まえて今回は花粉症に効果的な対策や予防に最適な方法をいくつか紹介してしていきたいと思います。

スポンサーリンク

花粉症を改善できた姉の方法

私の姉はひどい花粉症で毎年悩まされていました。しかし花粉症対策を色々と施してきたなかで、改善された方法がありました。それは「馬プラセンタ」を飲み続けてきたことらしいです。私も去年から花粉症デビューしてしまったので、姉にならって、馬プラセンタを飲み続けていこうと思います。

私が取り組んだ花粉症対策

私は、花粉が飛ぶ季節になると、目のかゆみと鼻水・くしゃみが止まりません。対策としては、やはりアレルギー用の薬です。私が服用しているのはフェキソフェナジンという市販薬で、だいぶ緩和されます。それ以外では、普段はコンタクトですが眼鏡をかけ、マスクと鼻周りに塗る「エアマスク」というものを使用して、目と鼻に花粉を極力近づけない事を意識しています。
 

ヤクルトで花粉症の改善?

ヤクルトが花粉症に効くなんてありえない!と思う人も多いと思います。私もそう思っていました。ところがある日、ヤクルトレディの方に花粉症の改善にも良いので毎日飲んでみてくださいと勧められ、毎日飲んでいると花粉症の症状がかなり軽くなりました。以前は市販の服用薬や目薬・マスクが必要でしたが、今では薬がなくてもマスクだけで花粉のシーズンを乗り越える事ができます。なによりヤクルトは食品なので、子供でも安心して飲めると思います。

花粉症と眠気対策

私は花粉症対策として、市販のクラリチン錠(アレルギー薬)を服用しております。これは1日1回の服用で済みますし、出かける前に飲んでも眠気が出にくいと思います。あとはスーッとする目薬を出先で使い、春の花粉と眠気に打ち勝つよう努力しています。
 

1日1回の乳製品で花粉シーズンを乗り切る

花粉症の季節が近づいて慌てて対策をするのでは間に合わないので、私は一年を通し、1日1回は乳製品をとるよう心がけています。食べるのはヨーグルトでも牛乳でもチーズでも何でもOK。完全には抑えられませんが、食べない時よりも軽減されていると思います。

ヒノキ葉茶で花粉症克服!

わたしは酷いアレルギー体質で、春になるとアレルギー薬のほかに、箱ティッシュ・マスク・のど飴・ワセリン(鼻の下が荒れるので)を用意し、つらい花粉症の症状をなんとか乗り切っておりました。ある時、たまたま見つけた「ヒノキ葉茶」を飲んでみると花粉症の症状が治まり、春になる前に飲用しておくと3年間連続で再発していません。きっと私の体質に合っていたのだと思います。中村本舗という伊勢神宮の近くのお店で見つけました。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。