オリックス銀行を選ぶメリットとは?預金やローンの豆知識

オリックス銀行といえば、サービスとして定期預金やカードローンがとくに有名ですよね。このオリックス銀行を選択するメリットとは一体どんなものなのか?気になる使い勝手や金利など、オリックス銀行に関する豆知識についてご紹介していきます。
 

スポンサーリンク

オリックス銀行の店舗やatmについて

オリックス銀行の店舗を街で見かける機会がないと思って調べてみると、ネット銀行のため基本的に実店舗(支店)が無いのだそうです。また、専用のatmも無く、キャッシュカードも発行されません。手続きするときはすべてパソコン等のネット上で完結させる形式になっています。ネット取引に慣れていない方、atmの方が使い易いという方は不便を感じるかもしれませんが、24時間いつでもパソコンで取引したい方にとっては便利かと思われます。

オリックス銀行の金利について

オリックス銀行の金利は、普通預金だと0.02%・定期預金になると商品によって違いがありますが、0.1%台になります。他のネット銀行では普通預金の金利が0.01%台、定期預金でも0.1%を割るところもありますから、オリックス銀行の金利水準は比較的良い方だと思います。ただし定期預金は、最低でも1年以上は預けておく予定がなければ金利は0.1%を切るので注意しましょう。
 

オリックス銀行のカードローン金利は安い?

オリックス銀行が特にプロモーションに力を入れている「カードローン」。ここの金利は【年利1.7%~17.8%】と業界最低水準であることが前面に打ち出されており、借入額が多ければ多いほど年利が低くなる仕組みになっています。例えば、借り入れが100万円未満だと採用される年利が12.0~17.8%と高いですが、限度額の800万円近くまで借りると、年1.7~4.8%と最も低い水準の金利が採用されるという訳です。小さい金額を借りる場合よりも、700~800万円近くの大きな借入がある場合にはお得なサービスかと思われます。

オリックス銀行のカードローン審査基準について

オリックス銀行のカードローンは、対象者について「原則、毎月安定した収入のある方」という条件があるので、専業主婦や学生は仮に申込しても審査で落とされる可能性がかなり高いです。フリーターなど非正規雇用の場合でも、収入が安定しなという理由で落とされる確率は少なからずあるでしょうが、正社員と変わらない収入があり、それに加えて勤め先の会社の社会的信用が高かったり失業する心配がないと判断される場合は、可能性はゼロではないと思われます。利用を考えている場合、全く可能性が無い訳でなければ取りあえず審査に出しておくことをお勧めします。
 

オリックス銀行の定期預金解約について

オリックス銀行では、定期預金の解約には「解約書類と定期預金証書の送付」が必要になります。これらの書類は、ダイレクト預金デスク0120-890-694に連絡し、解約手続したい旨を申し出れば銀行側が送付してくれます。書類が届いたら、必要事項を記入し、届け出印を押して返送しましょう。銀行側が返送した書類の確認を完了すれば、確認日の翌営業日に今まで預けていたお金を振り込んでくれます。なお、ダイレクト預金デスクが営業しているのは平日9:00~17:00まで。土日祝日と大晦日・正月3が日はお休みなので注意しましょう。

その他、注意しておきたい点について

オリックス銀行で定期預金を利用している場合、満期を迎えると自動更新になります。継続しない場合は、満期日までに解約を申し出る必要があるそうなので「知らないうちに更新されていた」とならないように注意しましょう。解約は先程紹介した手順で行います。直前ギリギリに手続きすると、書類の返送が間に合わなかったりする可能性もあるため、更新の予定がなければ満期日の半月前には手続きしておくことをオススメします。
 


スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。