【ディズニー都市伝説】東京ディズニーランド行方不明事件とは?

楽しい夢の国ディズニーランドで行方不明になると・・・一体、その後どんな事が起きてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

夢の国ディズニーランドが犯罪の温床に・・・

連日、子供から大人までたくさんの人々で賑わう東京ディズニーランド。楽しいアトラクションでみんなが夢心地になっている間、犯罪の舞台として使われているという噂があります。

とある夫婦と娘のエピソード

ある夫婦が、幼い娘を連れて、ディズニーランドに来園した時のこと。みんなで園内のアトラクションを楽しんでいる途中、気が付くと娘だけが居なくなっていた。娘とはぐれてしまった夫婦は急いで迷子センターへ。事情を話し、職員達に協力してもらい、皆で娘を探したが、残念ながら娘の姿を見つけることが出来ず・・・。みんな表情が険しくなっていた。
 

不穏な空気とアイコンタクト

そのうち、一人の職員が「もしかして・・・」とつぶやく。その一言で他の職員もうなづき、互いに目で合図をした。そして、職員の一人は夫婦にこう伝えた。「これから1ヶ所を除き、全ての出入口を閉鎖します。今から私に付いてきてください。」夫婦は一体何の事かさっぱり分からなかったが、とりあえず職員に言われるまま、後についていくことに。職員は、1ヶ所だけ閉鎖しなかった出入口へと夫婦を案内しこう言った。「ここで娘さんが出てこないかどうか、注意して見ていてください」

娘の姿は・・・

職員は辺りを見渡しなたが、夫婦に対し小声でこう伝えた。「もしかすると娘さんは髪の毛を染められていたり、服を着替えさせられているかもしれません。ですので、細かいところまで十分気をつけて見てください」夫婦はここでやっと職員の言おうとしている意味が理解でき、言われた通り注意深く出入り口を通る子供をチェックした。
 

夫婦は無事、娘とは再会できたのか?!

そして・・・何組もの見知らぬ親子連れが通り過ぎていくなか、ついに娘を発見!!なんと娘は髪の毛を短く切られ、男の子の服を着せられて大柄の男に抱えられていたのだ!職員達は、すぐさまその男を取り押さえ、娘は無事夫婦のもとへ戻ったという。後日談によると、母親は娘を一瞬見逃しそうになったが、最近買い与えた女の子用のキャラクターが描かれた靴はそのままだったため、かろうじて娘だと分かったのだそうだ。

ディズニー都市伝説 まとめ

ところで、なぜ東京ディズニーランドの職員達の対応が異常に早かったのだろうか?それは、過去にも同じような「子供の連れ去り事件」が園内で何件も発生しているからだという。「迷子の子供が見つからない ⇒ 誘拐である可能性が高い」職員達の間では、自然とそう連想されるまでになっていたとも言われている。そして恐ろしいことに、人さらいに連れ去られた子供は、人身売買をされたり、臓器を抜かれ臓器売買の商品にされたりするという噂だ。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。