明治神宮の〇〇は最大級のパワースポット!?

明治神宮は、都内でも有数の有名な神社です。場所は代々木で最寄り駅は原宿と、都会のど真ん中にあるにも関わらず凄く広い敷地で、とても見処ある聖域です。近年ではパワースポットとしても有名で、知る人ぞ明治神宮です。

スポンサーリンク

初詣の参拝客日本一の神社

明治神宮は参拝者数が例年「日本一」を誇る全国的に有名な神社であり、その敷地は約22万坪の広大なスケール。緑に囲まれたパワースポットとしても知られています。境内に入ると、森のような澄み切った空気が満ちていて心身のリフレッシュができるので、元気がなくなったと感じた場合はここに参拝と森林浴目的で出かけています。新しい年になる時はもちろん、ここ一番のパワーを頂きたいときにも訪れたいスポットです。

明治神宮の駐車場やアクセス情報について

明治神宮の周辺にはJR山手線「原宿駅」や東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」等があり、それぞれ徒歩5分圏内にあるので簡単にアクセスできます。初詣期間は、 明治神宮の境内に車両が入れないほか、周辺道路も交通規制がかかる場所があるため、お車で行くことはあまりオススメしません。どうしても車で行きたい場合は、境内の駐車場が解放される4日以降にするのが良いかと思われます。
 

成人の日は明治神宮で参拝

こんど新成人になる方には、成人の日に明治神宮を参拝するというのもオススメです。数十年前の話なのですが、当時関西に住んでいて、友達と「成人式に出ても面白くないよね~。せっかくの連休なんだから旅行にでも行こう」と、関東一帯へと旅行に繰り出した時。「成人の日」に合わせて明治神宮へお参りに行ってきたのです。境内に入ると、とても厳かな気持ちになり、大人になるという節目をここで過ごせて本当に良かったと思いました。その時買った御守りは、今も思い出の品として大切にとっておいています。

明治神宮のお守りの種類について

明治神宮のお守りには「学業守」「交通安全守」「心身健全守」「旅行安全守」「厄除守」「開運守」など沢山の種類が用意されており、それぞれ形やデザインも何種類かあるので、自分がいつも肌身離さず持っていたいと思うデザインのお守りを選べます。ちなみに私は、以前主人と参拝した時に「縁結二人守」というペアのお守りを買って帰りました。願掛けという意味のほかにも、参拝の記念として持っておくのもオススメです。
 

明治神宮 まとめ

私は毎年と、正月三が日のうちに明治神宮に初詣に行きます。しかしいつ行っても人の混み具合が凄く、中々賽銭箱にたどり着けません。やっとの思いで賽銭箱の前にたどり着いても、お参りが終わったらすぐ次の人が控えているので慌ててその場を離れています。御守りや破魔矢などを購入する場所も正月三が日はすごく混雑しているので、そこで「どれにしようか」と迷っている暇はないです。事前にホームページを見て種類を決めておくとスムーズに買えますよ。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。