Twitterにまつわる恐怖体験|都市伝説

現在、流行の発信地でもあり、利用していない若者はいないと言えるTwitter。そんな誰もが利用しているSNSのツイッターに、とんでもなく危険な都市伝説が存在するのだ。

スポンサーリンク

某アイドル〇〇の恐怖体験

Twitterと言えば、パソコンよりもスマホで操作する人が多いと思うが、
某アイドル〇〇もその当時、スマホでツイッターを利用していた。

彼女は、自分のプライベートな写真や情報などをツイッターに上げて、
ファンとの交流を楽しんでいたのだ。

プライベートを頻繁にツイートしていた

例えば、【今仕事の打ち上げを渋〇でしてます!】とツイートしていた。

そうすると、フォロワーのファンから、
【自分もで渋〇打ち上げしてる!】と返信があったり、

地方でのロケに来ているとツイートすれば、
そのご当地のお土産では何が有名かファンから【これがオススメです!】
などと返信をもらったりしていた。

恐怖はある日突然忍び寄る・・・

そして彼女がオフの日、何の気なしに
自宅でテレビを見ていた時のことである。

その時間にたまたま放送されたアイスのコマーシャルについて、
いつもの様にツイッターで、

【さっきCMでやってた〇〇アイスを食べてみたいな!】とツイートしたところ、
あるフォロワーから耳を疑う様な返信がきたのである。

その返信内容とは、、、

【あぁ、そのアイスだったら、
君のマンションを出て、左に曲がったコンビニに売ってるよ】

そう、彼女の自宅の住所が完全に漏れていたのだった。

背筋が凍る思いをした彼女は怖くなってすぐに引っ越しを決めた。

何故彼女の自宅の住所が漏れていたのだろうか?

それにはこんな理由があった。

今回彼女が恐怖の体験をした原因となったのは、
Twitterに上げていた写真だ。

実は、スマホで撮った写真をそのままTwitterに上げてしまうと、
その写真と自分が現在いる位置情報が紐づけられてしまう。

そして特殊なソフトを使えば、その写真に紐づけられた位置情報を
簡単に手に入れることができてしまうのだ。

あなたはこの事実を知っているだろうか?

彼女は仕事やプライベートで撮った写真を、
Twitterに上げる度に自分の位置情報を、

誰かが特殊なソフトで特定し、
ついには自宅まで把握されてしまったというわけだ。

安心あれ、この位置情報は削除することができる。

Twitterの設定で、Twitterの位置情報とカメをもオフにしておく。
これであなたの位置情報が誰かに漏れることはない。

これはTwitterだけではなく、全てのSNSに通じることなので、
あなたも今後スマホで撮った写真を上げる際には気を付けて欲しい。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。