ある実験で実証された強力なおまじないの効果|やりすぎ都市伝説

現代は科学の進歩により、いわゆる言い伝えやゲン担ぎなどの「おまじない」の効果は認知されにくくなっているが、実はおまじないには強力な効果があるというデータがあるのだ。果たして、それはどんな内容なのか?

スポンサーリンク

おまじないは効果がない?

例えば、【好きな人の名前を書いた紙を、枕の下に入れて寝ると両想いになれる】

といった根拠のない願掛けのことを、人は「おまじない」といい、その効果は迷信レベルとされている。

が、しかし、

その中には本当に効果を発揮するおまじないも存在したのだ。
 
最近証明されたのが、誰もが一度は耳にしたことがある
「痛いの痛いの飛んでいけ~」である。
 
小さい頃に、転んで足をくじいたりした時に、
母親やおばあちゃんがよくやってくれたあれだ。
 

おまじないには科学的根拠があった

最近になってあのおまじないは、
科学的にもきちんとした根拠があり、
効果があると実証されたのだ。

 

やり方はめっちゃシンプルで、
痛い部分をさすりながら「痛いの痛いの飛んでいけ~」と言うだけなのだが、
実はこの行為に効果を生み出す大きな意味があったのだ。

 

痛い部分をさすることによって、
痛感から、さすられている感覚に塗り替えられて、
痛みが治まるというのである。

 

加えて「飛んでいけ~」と言うことによって、
その言葉に意識が向けられて、
痛いことを忘れさせるという効果もあるらしい。

 

それにより、放っておいたら痛く感じるところが、
多少なりとも和らいでいくのだそうだ。

 

これを「プラシーボ効果」という。

以前、実際にこんな話があった。

 

普段必ず車酔いをする人に、これはよく効く酔い止めの薬です。
と言ってただのビタミン剤を飲ませたところ本当に酔わなかった。

これもプラシーボ効果で「痛いの痛いの飛んでいけ~」と同じ作用がある。

恐怖のプラシーボ効果実験

以前ある国の刑務所で、このプラシーボ効果を検証するために、
身の毛もよだつ恐ろしい実験が行われていた。

 

その実験とは、
「人間は思い込みだけで死ぬのか?」というものだ。
 

実験内容は驚くべきものだった

まずはある死刑囚に対し、
死刑執行を伝え部屋に連行する。

 

そして、両手足を切断すると言った後に、
両手足に 氷の板 を乗せるというもの。

 

その理由は氷の冷たさと、
溶けて水が滴る感じが血を連想させるからだ。

 

その実験の結果、

その死刑囚はどうなったか・・・

 

何とその実験直後にショック死してしまったのだ。。。

 

実際はただの氷の板を乗せただけなのに、
その死刑囚は両手足を切断されたと思い込み、
ショックで本当に死亡してしまった。

 

人の思い込みがもたらす力は、
良い方向へ向けば普段の自分の何倍もの
成果を成し遂げることもできるが、

 

使い方を間違ってしまえば、
時に死をも至らしめるほどの結果を招いてしまう。

 

人間の潜在意識はまだまだ科学では解明しきれていない。

 

ぜひ人の役に立ったり、心を豊かにするために、
活用していってほしいものである。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。