福岡空港を楽しくお得に利用する豆知識!

福岡空港は、九州を代表する空の玄関口。国内外からの観光客や出張中のビジネスマンなど毎日たくさんの人々で賑わっています。そんな福岡空港をより楽しく、お得に利用するための豆知識をまとめてご紹介!

スポンサーリンク

福岡の観光に超便利!福岡空港

福岡空港といえば、市街地からアクセスが圧倒的に便利な空港として世界的にも有名。太宰府天満宮や九州国立博物館、舞鶴公園などの観光名所にも公共交通機関を使って1時間以内でアクセス出来るため、車が運転できない方でも不便を感じず、ラクに福岡県内の観光を楽しめますよ。もちろん各社レンタカー会社の支店も空港敷地内にあるので、乗り捨てシステムを使ったりすれば
車からそのまま飛行機に乗ることも可能です。車があっても無くても市内への移動が簡単なのは、本当に助かりますよね。

福岡空港から国内線に乗るときの注意点について

福岡空港から国内線に乗るときには、受付から出発口の保安検査場までの移動時間に注意。受付は第1ターミナルビル内の1階にあるのですが、保安検査上は第2ターミナルビル内の2階にあり、その2つの建物は直通で行くことができないため、一旦1階のエントランスに出てから歩道を5分くらい歩く必要があります。そのため、手荷物を持ちながら歩く時間を考えると、余裕をもって移動しておいた方が良いかと思われます。特にピーチやジェットスターなどの格安航空については、出発時刻の30分前にはチェックインが締め切られてしまうので、出発口までの移動はくれぐれもお早めに!
 

福岡空港から国際線に乗るときの注意点について

福岡空港は国際線専用のターミナルビルがあり、国内線と違って1つの建物内で保安検査や出国手続きが完結します。チェックインから搭乗までは国際線ターミナルの3階で行うので、それほど徒歩の移動も伴わず楽かと思われます。注意することとしては、行き先の国に到着した際、ある程度の手持ちのお金があると安心なので予め2~3万円ほど両替をしておくと良いですよ。両替所もビルの3階にあるので、搭乗手続き前にすぐ行くことが出来て便利です。

福岡空港のお土産おすすめは?

福岡空港には九州のバリエーション豊かなお土産が一杯!他にはないような珍しい一品が売ってます。中でもオススメなのは、国内線第2ターミナルにある伊都きんぐさんで販売されている「博多あまび」。あまおう苺を使って作ったわらび餅で、食べると口の中に苺の甘酸っぱい香りと風味がほんのり広がります。また、博多で愛されている石村萬盛堂さんの「鶴乃子」も一度味わって頂きたい逸品。マシュマロの中に黄身餡が入っていて、ふわっとした食感とまろやかな味がクセになりますよ。保冷剤不要で持ち運びに便利な所もGOOD。これらのお土産は女性ウケするので、とくに男性の方は押さえておくと良いかも。
 

福岡空港の駐車場を安く使うには?

福岡空港の駐車場の収容可能台数は、国内線ターミナルビルで837台、国際線ターミナルビルで897台。料金は、それぞれ「入場から30分以内なら無料」となっている所までは同じですが、それ以降の算定額に違いがあるので要チェックです。国内線ビルの駐車場は、普通自動車の場合「30分を超え11時間以内なら1時間につき200円ごと加算、11時間を超え24時間までは定額2,400円」ですが、
国際線ビルの駐車場では「30分を超え4時間以内なら1時間につき200円ごと加算、4時間を超え24時間までは定額1,000円」になるので、国内線・国際線ともに定額の時間帯を利用して長時間停めておいた方が、1時間あたりの料金が安く済む形になります。とくに国際線は4時間を超えれば1,000円なので、長旅でも非常にリーズナブルなのが嬉しいですよね。

福岡空港 まとめ

福岡空港には飲食店もたくさん入っているので、飛行機を待つ間にのんびり食事をするのもなかなか良いですよ。私はいつも福岡の旅の最後には、空港でとんこつラーメンを食べてから飛行機に乗ってます。他にも、おむすびやお弁当が購入できるお店があるので、機内に持ち込んで食べることも出来ますよ。福岡の旅の始まり、そして締めくくりには、ぜひ福岡空港のターミナルビル内で楽しんでみてくださいね。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。