大阪の知らなきゃ損する観光の豆知識!

西日本の文化や経済の中心地といえば、やはり大阪ではないでしょうか。人気の観光名所や注目の買い物スポットが満載!美味しいグルメも沢山あって見逃せません。

スポンサーリンク

大阪府の特徴や雰囲気について

大阪府は、地図で見ると北から南へ縦に伸びている感じなので、北に住んでいる人と南に住んでいる人では同じ大阪弁でも喋り方が若干違ったりします。実際に行ってみた感想としては、北は京都や神戸に隣接しているためかハイソでお洒落な雰囲気、南は庶民的でオープンな感じで、大阪以外の方のイメージする「これぞ大阪」という雰囲気でした。海も近いので、日本最大級の水族館「海遊館」や堺の港、海鮮系の食べ物も色々とあったりして、海好きの方にも楽しめる所だと思います。

大阪のグルメで外せない一品とは?

大阪のグルメといえば、たこ焼き、お好み焼き、串カツのイメージが強いですが、その影にも大阪のソウルフードと呼ばれるものが!それは「豚まん」。オススメは551の肉まんで、もちもちした皮にジューシーな肉がぎっしり詰まっていてボリューム満点♪551は駅中のビルなどにもよく出店しているので、思い立ったら気軽に購入できるところも嬉しいポイントです。また、難波にある大阪初の洋食店「自由軒」のカレーも一度は食べておきたい一品。特別なダシを使ったカレーは辛すぎず甘すぎず、奥深い味わいです。上に生卵が乗っていて、混ぜるとまろやかに。ご飯とルーが予め混ざり合っているので、ルーをご飯にかける配分を気にすることなく豪快に食べられる所もGOOD。ぜひ味わってみてください。
 

大阪のおすすめ観光スポットについて

大阪の観光スポットといえば、大阪城やUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)、通天閣、あべのハルカスなどが大人気。ランキングでも上位にいることが多いですよね。その陰に隠れていますが個人的にオススメなのは「インスタントラーメン発明記念館」。日清食品のカップヌードル、チキンラーメン等にまつわる展示物を見たり、チキンラーメン製造体験(要予約)ができたりして子供も大人も楽しめます。人混みの苦手な方は、吹田の万博記念公園もなかなか良いですよ。最近では、万博記念公園のすぐ近くに大規模な「ららぽーとEXPOCITY」がオープンし、日本一大きい観覧車や他には無い体験型の施設があったりするので、買い物・グルメ・遊びと1日中楽しめますよ。

大阪の格安ホテルについて

「大阪のホテルで安いところは無いかな?」とお探しなら、私は迷わず「スマイルホテルなんば」をオススメします。なぜなら、1泊3千円程度で済むうえに駅から近く、さらに朝食無料サービスもあるからです。そのうえ部屋がキレイだから女性も安心♪全室インターネットの無線LANが使えるうえ、ゆっくり足を伸ばしてお風呂につかりたい時は大浴場も使えます。「こんなに安くて良いのか」とビックリすると思うので、大阪に宿泊の際は一度泊まってみてください。
 

大阪の人と会話をするときは・・・

私の職場の後輩で大阪が地元の子がいるのですが、その子に色々と聞いて為になったのは会話について。例えば、どこか行こうと誘ったとき「考えとくわ~」と言われたら関東では行くかどうか迷っている感じに取れますが、大阪では「やんわりとお断りしている」という事のようですね。あと、男性に対して「おっちゃんはOKだけど、おっさんはNG」ということや「生半可な大阪弁を使うのはタブー」ということも聞いてビックリ!逆に「シュッとしている」という言葉は容姿に関する褒め言葉なのだとか。他の地域の方は慣れるまで戸惑うかもしれませんが、基本的に大阪の方はフレンドリーなので、やはり仲良くなるには笑顔で元気よくお話するのが一番だと思います。

大阪まとめ

私が大阪について思い出深いのは、ミックスジュース。旅行先でふらっと入った食堂のメニューにあったので「珍しいな~」と思い頼んでみたら本当に美味しかったです。後日聞いたら、ミックスジュースは大阪府民が愛してやまない飲み物とのこと。それ以来、ミックスジュースが大好きになり、家の近くにある関西発祥の焼き鳥チェーン「鳥貴族」に置いてあるミックスジュースを飲むのが楽しみになりました。大阪に行ったとき、飲み物はミックスジュースで決まり♪その他にも隠れた美味しいものが沢山あると思うので、「これは珍しい」と思ったものは色々と食べたり飲んだりしてみることをオススメします。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。