二刀流成功の大谷翔平の凄さは〇〇にあった?!

大谷翔平選手は、ピッチャーとバッターとして出場する二刀流の選手です。ベーブルース以来のピッチャーとしては2ケタ勝利、バッターとしては、2ケタのホームラン数を1シーズンで両方とも達成した素晴らしい選手です。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の二刀流

北海道在住の日ハムファンで大谷選手が大好きです。日ハムファンの中でも二刀流について色々な意見がありますが、最近は打者、投手とも結果を残しているので今後も二刀流で頑張って欲しいという意見増えてきました。打って良し、投げて良し、イケメンで真面目な大谷選手に益々期待です。

今年のオールスター戦は野手で出場

花巻東高校から夏の甲子園大会に出場し、甲子園を湧かせた大谷翔平選手。平成24年に日本ハムファイターズからドラフト1位で指名を受け入団しました。現在も二刀流として背番号11番の大谷選手は1軍で活躍中です。今年のオールスター戦では野手として出場しています。
 

投手と野手の二刀流で活躍!大谷翔平の年俸は?

大谷翔平選手は、投手としては最高球速163km/hを記録して、NPB公式戦の最速記録を叩き出したうえ野手としても一流プレイヤーとして活躍!このような事は並大抵のことでは出来ないですから、本当に素晴らしいですよね。そのため年俸は2015年の1億からグンと跳ね上がり、2016年は推定2億に。今後も大谷フィーバーからは目を離せません。

メジャーには行くんでしょうか?

入団前からメジャー志向の強かった大谷選手ですが今後メジャーに行くことはあるんでしょうか。個人的にはメジャーでも二刀流を続ける大谷選手を見てみたいですが、恐らく行く場合は現在の二刀流は捨てなければ通用しないと思われます。大谷選手のメジャー行きの思いが今でも強いなら、もしかすると投手でいくべきか、野手でいくべきかの彼なりの分岐点が3年以内に訪れるかもしれませんよね。
 

オールスター戦でも活躍した!大谷翔平選手!

今年のオールスター戦にバッターとして登場した大谷翔平選手。スタジアムの盛り上がりも最高潮でしたね!際どいボールであわや三振かと思う場面もありました。審判が一瞬躊躇したのが印象的です。オールスター戦でも堂々として、さすが将来を有望される選手という感じでした。

大谷翔平 まとめ

大谷選手が球界を代表する選手となった昨今、高校3年時の夏の甲子園には出場できなかったことを知る人は意外に少ないかも知れません。その時の高野連の会長の一言が物議を醸し、大谷選手の名を一躍全国区に広めてしまったと思います。高野連の会長なのに「大谷を甲子園で見たかった」と言ってしまったのです。全ての学校、選手を均等に見てあげなければいけない立場の人が大谷選手を特別扱いしていたのですから、今の活躍ではまだまだ。もっと活躍すると思いますよ。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。