ハローワーク活用術&ホントのところ口コミ

仕事を探す人のための公的な施設ハローワーク。これについて上手な活用術や、求人についてのホントのところなど、ハロワを実際に利用している方の声を集めてみました。

スポンサーリンク

求人雑誌だけじゃない!ハローワークのパート求人

ハローワークって失業した人が行くところでは?という人もいるかもしれませんが、それだけではありません。もちろん、失業者のサポートや正社員のお仕事探しもできますが、アルバイトやパートの求人もあるんですよ。企業によっては、ハローワークでしか求人を出さないところもあるようなので、もしかしたらそこで良い出会いがあるかもしれません。

気になる求人は自宅でじっくり検討

ハローワークでは検索コーナーがあり毎日たくさんの人が熱心に検索しています。検索して良さそうな仕事があれば出力できます。良い条件なら募集も殺到するので早く決めたいところですが「できればゆっくりと考えたい」という場合は、出力したものを持ち帰って自宅で検討することも可能。人生の転機にもなることなので、じっくり考えて後悔の無い選択をしましょう。
 

ハローワーク求人票の落とし穴とは?

ハローワークではネット求人とは違って企業側に広告費がかからず、気軽に求人を出せるために落とし穴もあります。それは、本当は募集が終わっている又はあまり募集に積極的でないのにも関わらず「常に募集がされている状態」になっている会社が紛れ込んでいること。私は過去にハローワークから何社か応募してみましたが、中には面接だけはしてくれても実際はあまり募集に積極的でないというような感じの会社もありましたね。なので、求人票が出ていても、本当に現在募集しているのかについてよく確認することが必要です。

即対応の窓口を活用しよう!

求人検索するコーナーで良さそうな仕事が見つかった場合は、担当窓口へ持って行きましょう。窓口の方が相談に乗ってくださったり、その会社の人事担当者にすぐに電話連絡してくれたりして即対応してくれます。個人的に電話を掛けてで聞きにくいという方でも、窓口の方から「まだ募集しているのか、もし面接をするならいつにするのか」も聞いたりしていただけますよ。このように正式な窓口を通して連絡しておけば、募集をかけている企業としても安心だと思います。
 

窓口でちょっと恥ずかしいこと

窓口は本当に便利です。でも、パソコンで求人を見つけてから、カウンターで企業先に問い合わせをしてもらうとき、電話の声がいつも周りの人に筒抜けでちょっと恥ずかしい思いをします。しかし対応してくれる人は良い人ばかりなので、その時だけちょっとガマンですね。ブース等で区切られていれば、もっと気楽に相談できるかもしれませんね。

若者こそハローワークを利用すべき理由

昨今の求職活動は、非正規社員の募集であっても、どんな零細企業でも「書類選考が第一」であることが多いです。つまり、履歴書や職務経歴書が通らなければ、面接すらしてもらえない・・・。そこで、人生経験の浅い若い方こそ、効果的な応募書類の書き方を知るため、ぜひ無料で利用できるハローワークを存分に活用して欲しいと思います。各県のハローワークには応募書類の添削をしてくれるサービスがありますし、若者応援の部署もあります。お金が掛からないので、ぜひ行ってみてください。そして、気になる求人があったらぜひ職員に相談に乗ってもらってください。何人の人が応募しているか教えてもらえたり、何か質問がある場合やすぐに応募したいという場合は、その職員の方が求人先へ連絡してくれますよ。バイト先・パート先探しの時は、ぜひハローワークを活用してみてください。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。