カレンダーの上手な活用ワザ5まとめ!

毎日、今日の日付や曜日を見る以外にカレンダーを活用できていないのは非常にモッタイナイ!今回は、カレンダーをもっと上手に活用するための小ワザについてご紹介。

スポンサーリンク

卓上カレンダーの上手な活用法

卓上カレンダーは、机の上など必ず目に入ってくる場所に置くものなので数値を記録するには最適。例えば私は、毎朝測定した体重・体脂肪率を必ず記録し、3ヶ月後には目標の体重・体脂肪率を達成することが出来ました。また、貯金が苦手な友人は、卓上カレンダーの日付の所に毎日100円玉(給料日には500円玉)を貼り付け、1年間で5万円以上の貯金に成功。別の友人は卓上カレンダーに油紙を貼り、その上に缶コーヒーのポイントシールを貼ってました。こういった使い方もあるので、ぜひお試しあれ!

家の中でカレンダーを貼ってはいけない場所とは?

実は、家の中で1箇所だけ、カレンダーを掲示するのは厳禁とされている場所があります。それは何処かというと、私たちが毎日お世話になっている「トイレ」。風水では、トイレ貼ったカレンダーを見ながら予定を立ててしまうと、その予定は上手くいかないと言われているそうです。特に、大切な人と会うスケジュールをトイレで立てるのはNG。その人との関係性が悪化するそうなので避けた方が無難ですよ。もし現在トイレにカレンダーがある場合は、すぐに他の部屋へ移すことをオススメします。
 

カレンダーの六曜でちょっと得する豆知識

ほとんどのカレンダーに記載されている「大安・仏滅・赤口・先勝・先負・友引」の六曜。もし大切な事を行う際、大安の日の都合がつかない場合は「先勝の日の午前中」か「先負の日の午後~夕方」に行うと縁起が良いとされているのでオススメ。友引は「引き分け」という意味を含むので、お通夜以外なら悪くはないようです。逆に、赤口はアンラッキーとされているので、縁起を担ぐなら避けるのが良いと思います。

オリジナルカレンダーを印刷しよう

市販のカレンダーも良いですが、自分で撮ったお気に入りの写真でオリジナルカレンダーを作るのはいかが?私はよくスマホで撮ったお気に入りの写真を毎年カレンダーにしています。個人的にオススメなのは、Pripark(プリパーク)さんのカレンダー印刷。公式サイトで直接注文もできますが、プリパークさんが提供しているスマホ用の無料カレンダーアプリを使えば、写真を読み込むだけでスマホ上でカレンダーをお試し作成が可能。気に入ったものが作成できたら、そのまま印刷を依頼できるので便利ですよ。
 

来年のカレンダーおすすめは?

カレンダーは1年間毎日見るものなので、どうせ選ぶなら使っていて楽しいものが良いですよね。私は毎年オリジナルカレンダーの他に、面白いカレンダーを1つ買ってます。例えば、毎日スクラッチを剥して楽しむスクラッチカレンダーや、毎日違ったデザインの洋服が出てくる着せ替えカレンダー、梱包材に使われているプチプチをつぶして楽しむ「バブルカレンダー」などは、意外性があって面白いのでオススメ。来年のカレンダーを選ぶ時には、ぜひチェックしてみてくださいね。

カレンダーの活用ワザまとめ

カレンダーは、単に毎日の予定を書き込んだりスケジュールを立てたりする時に使うだけではなく、「自分の目や心を楽しませる」という目的でも活用できるという優れもののツール。カレンダー1つで部屋の景色がガラリと変わるなんてこともあるので、模様替えアイテムの1つとして購入すると、また楽しいと思います。特に、毎日忙しくしている方には、見るたびに明るい気持ちになったり、癒されたりするカレンダーがオススメです。ぜひこの機会に、自分に合ったカレンダーを見つけてみましょう。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。