自転車選びや使い方で失敗しない豆知識まとめ

自転車は子供から大人まで気軽に乗れるので、通勤や通学・お買物など日常生活の移動手段として大活躍。そんな自転車の選び方や使い方で失敗しないための豆知識とは?

スポンサーリンク

失敗しない自転車選びのポイント

自転車を選ぶときは、気に入った色やデザインなのは勿論、ハンドルやサドルの高さ、乗り心地もしっかりチェック。高さはある程度調節できますので、そこを調節した後に乗ってみて「丁度良い」と思える一台を選ぶと間違いないと思います。あと、停めた時に安定感があって倒れにくいもの、カゴがつぶれにくいものを選ぶと更に良いです。自転車はどんなに安くても1万円以上するので、しっかりと吟味してから購入することをオススメします。

一歩間違うと危険!安全な電動自転車の乗り方とは?

坂道などを少ない力で楽に進むことができる便利な電動自転車ですが、普通の自転車とは使い方が異なるので要注意。電動自転車についている電源スイッチは絶対に平らな場所で、かつペダルから両足を離した状態でONにすることは常に守りましょう。片足をペダルに乗せた状態でスイッチONにしてしまうと勝手に自転車が動き出して事故につながる恐れがあるので、ここは絶対に忘れないようにしましょうね。
 

折りたたみ自転車の失敗しない選び方

持ち運びが便利で収納場所を取らないという理由で人気の折りたたみ自転車ですが、安価な商品ほど重さがあり、中には10kg以上あるものも。基本的に軽くて丈夫なものほど値段が高いので、最低でも5,0000円くらいは予算として見積もっておいた方が良いですね。また、普通の自転車よりも車輪が小さい分、変速機が付いていないと坂道などがキツく感じます。もし買うなら、自分が片手でも持てる重さの範囲内で、変速機が付いたものを検討すると良いと思われます。

マウンテンバイクを買うときのポイント

最近は「格好良い」とか「丈夫そう」という理由でマウンテンバイクを購入する方も結構いるそうですね。確かにマウンテンバイクは険しい道でも走れるような作りになっているので耐久性バツグンですが、普通の自転車と違って後輪がむき出しになっているものが多く、雨の日に乗るとかなり泥はねするので要注意。中には後輪に泥除けが付いているものもあるので、どうしても乗りたい時はそういう車体を選ぶことをオススメします。
 

サイクリングを安全&快適に楽しむには?

天気の良い休日には気ままにサイクリングに出かけるのも良いですよね。サイクリングをより安全で快適なものにするには、道路が広くてサイクリングロードのあるコースを選ぶか、広い公園でサイクリング専用ゾーンがある所などがオススメ。くれぐれもスピードの出しすぎや複数人が横に広がって走行することはやめ、マナーを守って気持ちよく楽しみましょう。

自転車の得する豆知識 まとめ

このように自転車には様々な車体のタイプがあるので、購入するときにはよく考えて自分にピッタリのものを選択しましょう。また、お気に入りの1台を手に入れた後は、防犯登録とカギなどの盗難対策も忘れずに。私は以前、前輪だけ鍵をつけていたのですが、それを犯人に壊されて自転車を盗まれてしまった事があるので、最低でもカギは前輪に1つ、後輪に1つ付けておくことをオススメします。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。