おかあさんといっしょは○○が面白い!

親子で観るなら、やっぱり「おかあさんといっしょ」。小さい頃に観ていて、懐かしいと思っている大人世代も多いハズ。そんな、おかあさんといっしょの面白さの秘密とは?

スポンサーリンク

可愛くて個性的なキャラクターにハマる

おかあさんといっしょに無くてはならない存在なのが、人形劇コーナーの個性豊かなキャラクター達。現行の「ガラピコぷ~」も可愛いですが、「にこにこぷん」や「ぐーチョコランタン」など歴代のキャラクター達も大好きで、個人的には思い出深いものがあります。観れば観るほどキャラクターの性格や背景が深く分かっていき、愛着が湧いていくから不思議。気づいたらハマってました。

やっぱり歌のコーナーが良い!

おかあさんといっしょのメインといえば、やっぱり歌のコーナー。大体の場合は、童謡や番組で作ったオリジナルソングが月替わりで紹介されるのですが、特にオリジナルソングは、一度聴けば思わず口ずさんでしまう曲が多く、印象に残る歌ばかりで、なんだか凄いと思います。私も小さい頃に聴いていた「歯みがきの歌」は今でもたまに歌っちゃいます。親子そろって楽しく歌えるのが良いですね。
 

番組を盛り上げる歌のお兄さん&お姉さん

毎回おかあさんといっしょを明るく楽しい番組にしてくれるのが、メインパーソナリティーともいえる「歌のお兄さん&お姉さん」。歌が上手いのは勿論、元気ハツラツだし笑顔も素敵で、子供達のアイドル的な存在として輝いてますよね。中には、はいだしょうこお姉さんのように、後にタレントとして芸能界で活躍する方もいらっしゃるので、これからもどんな逸材が出てくるのか楽しみです。

体操コーナーも大人気

私はいつも甥っ子、姪っ子とおかあさんといっしょの体操コーナーを楽しみにしています。小林よしひさお兄さんが登場し、音楽が始まったら3人で一緒に踊るのが今ではすっかりお約束に。今の体操の曲「ブンバ・ボーン」も良いですが、私は1つ前の「ぱわわぷたいそう」がお気に入りです。子供と一緒に体を動かすと、ちょっと元気になったような気がするので不思議ですよね。
 

エンディング曲も印象的。

おかあさんといっしょのエンディング曲もまた印象深いものがありますよね。私の小さい頃は「さよならマーチ」で、たまにこの曲を聴くとお兄さんとお姉さんがトンネルを作り、そこを子供達が歩いていくのを思い出します。最後に風船が上から落ちてくるお約束の展開も良いですよね。

おかあさんといっしょ まとめ

おかあさんといっしょが始まってから今年で早くも57年目。親子を対象とした番組で半世紀も続くロングラン番組は滅多にないので本当に凄いですよね。これからも親子一緒に楽しく観られるよう続いて欲しいと思います。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。