三菱自動車の燃費偽装で今後はどうなる?CMのあの人も・・・

3つのダイヤのマークでおなじみ三菱自動車が、最近またもや巷のニュース番組を騒がせる存在に。今後の三菱自動車がどうなっていくのか気になる点をまとめました。

スポンサーリンク

三菱自動車の燃費がウソだった件

燃費が良くて環境にも優しい自動車を作っているハズの三菱自動車でしたが、最近になって一番の売りにしていた燃費の数値を偽装し、実際よりも低燃費であるよう見せかけて販売していたことが発覚。ニュースでも大々的に報道されていますよね。三菱の軽は人気があったのでユーザーはさぞガッカリしたのではないかと思います。特に「燃費が良いから買った」という人はショックが大きかったでしょうね。

三菱自動車が過去に起こした不祥事について

しかも三菱自動車の大きな不祥事は今回が初めてではなく、前にも1度あるんですよね。2000年に乗用車・トラック・バス部門において、約69万台にのぼる不具合情報を隠蔽していたことが発覚。その後、企業体質が改善されたと世間的に思われていましたが、そうじゃ無かったのかも知れません。個人的にも「過去の過ちを反省して頑張っているんだな」と思っていたので本当に残念です。
 

三菱自動車のCMが頭から離れない・・・

そんな三菱自動車ですが、これまでのCMを観てきた感想としてはどれも印象的で好感の持てるものだったと私は思います。「セーブ・ジ・アース」のキャッチコピーから始まり、海沿いを颯爽と走る車の情景が頭の中で無限リピート。そういえば宮崎あおいさんもCMに出演してましたね。ただ、宮崎さんは離婚成立前にV6岡田くんとのスキャンダル、そして三菱自動車は燃費の偽装スキャンダルとは両者とも笑える話ではありませんが・・・。

燃費の偽装は誰の指示?

三菱自動車の燃費の偽装については「一体誰の指示でやったのか?」ということも話題に上っていますね。ネット上では製造部門が疑わしいという記事もありますが、個人的には違うと思います。三菱自動車ほどの大企業なら部門単位で一人~数人が不正を働いても上がチェックすればすぐバレるでしょうし。真相が語られるのは、まだ先という感じがしますよね。
 

三菱自動車の社員や下請けの人はどうなる?

ここで気になるのが、三菱自動車で働く社員や下請け企業の人々のこと。今回、燃費の偽装の対象となった4車種については製造・販売が中止している訳なので、売上がその分減り、社員さんが大量リストラされるかも知れません。また4車種の部品が不要になることで、下請け企業が最悪倒産してしまう危険性だってありますし・・・。三菱自動車の本体よりも、むしろそっちの方が心配です。

三菱自動車まとめ

そんなこんなで気になる話題が満載の三菱自動車。さすがに2回目の不祥事を起こしてしまったという事で、会社の存続が危ういと言っている専門家もいるようですが、日産と業務提携する等で何とか生き残っていくような感じも。とにかく、ユーザーのためにも燃費は正直に申告して欲しいところですね。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。