ニコ生banとは何?banの種類と意味について分かりやすく解説してみた

ニコ生で良く言われる「BAN(ban)」という言葉。初心者の方は「これって一体何?」って思われるかもしれませんね。(私も昔はそうでした)

今回は、ニコ生banって何なのか?banの種類と意味について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ニコ生banとは?

banは元々、英語で「禁止・法度」という意味の単語。

 

それを踏まえ、ニコ生banは「放送が何らかの禁止事項に触れ、規制や削除の対象になること」を言います。

 

通常、ニコ生のコメントで「あいつBANされたぞ」と言われている場合は、ニコ生の規制に触れ、放送が削除されてしまう「放送ban」を意味します。

 

放送banの他には何がある?banの種類について。

ニコ生で使われるbanには、

「放送ban」の他に以下のようなものがあります。

■アカウントban

ニコ生の放送が規制に触れて放送banになると、その放送アカウントにペナルティーが課せられ、しばらくの間放送できなくなります。

このように、ペナルティーによって放送できない状態のことを「アカウントban」といいます。

■累積ban

アカウントBANの期間が過ぎると、ペナルティーが解けて再び放送できる状態になります。

しかし、その後またニコ生の規制に触れて放送BANされた場合、放送できないアカウントBAN状態の期間が以前よりも長くなります。

このように、放送BANされる度にペナルティーが累積していくことを「累積ban」といいます。

■永久ban

累積banが基準に達すると、そのアカウントからは一切放送ができなくなります。

これを「永久ban」といいます。

どのくらい累積banがたまると永久banになるの?

ニコ生によると、基本的な停止処分期間は以下のようになっているとのこと。

一回目のアカウントBAN:一週間の放送停止
二回目のアカウントBAN:一ヶ月の放送停止
三回目のアカウントBAN:無期限の放送停止(永久ban)

ただし、

「悪質だと判断された場合は、一回目で即・永久BANになる」という事もありえるそうです。

恐ろしいですね・・・・。

 

ニコ生放送を考えている場合は、ニコ生の規約をしっかり確認し、正しく放送しましょうね。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。