ブラック企業から身を守る〇〇な方法とは?!

ブラック企業の主な特徴としては、残業代が出ない・いつも社員募集をしている・休みが全く取れない・離職率が非常に高い・拘束時間が長いなどが挙げられます。あなたの会社は大丈夫ですか?

スポンサーリンク

ハローワークでブラック企業と判断する方法

これは怪しい!絶対にブラック企業だと見極めるには、ハローワークの求人に目を付けてみて下さい。いつ一時も求人広告を出し続けている企業は高確率でブラック企業です。なぜなら、そういった企業は労働環境が劣悪な為に離職率が高く従業員の出入りが多いブラックな会社の可能性が極めて高いからです。
⇒ ブラック企業・社畜から抜け出す方法はこちら

求人をいつも出している企業のパターンはこれだ!

いつでも求人広告を出している企業のパターンとして挙げられるのが、以下の4つ。・現在、会社が急成長中で、今すぐにでも人材を求めている。・不人気で、全然スタッフが集まらない業種が故にいつも人材不足に陥っている。・人気はあるが、専門職なためになかなか人を集めることができていない。・離職率が非常に高く、常時スタッフを募集していないと成り立たない。以上の4パターンになりますが、最後に紹介したパターンの企業が、世間一般に知られている【ブラック企業】です。
 

ブラック企業と見極めるにはハローワークが最善

実はハローワークの職員が毎日利用しているのは、求人専用のパソコンなので、過去の応募状況や採用状況などのデータを見ることができます。職員さんに話を聞くと、正社員で採用されたのにも関わらず、企業側で契約社員で採用したことにされ、半分くらいの給与しか支払われなかったりするケースもあるそうです。このことから、少しでも怪しい求人があればハローワークの職員に尋ねてみるのも有効な手段です。
⇒ ブラック企業・社畜から抜け出す方法はこちら

ブラック企業の常套手段「キャッチコピー」は〇〇だった!

まず挙げられるのが、給与の表記が誇張した表現になっていることです。不自然に高待遇な給与を提示している求人広告です。結局、蓋を開けてみれば、全ての手当やインセンティブ(歩合)などを合算して、この額面になっていたりします。こんな企業に入社したら最後、馬車馬のごとく働かせられ使い捨てられる可能性が高いです。
 

雇用条件をチェックするとき気を付けること

入社してから、試用期間として契約社員で働いてもらう企業もあります。通常は3カ月くらいなのですが、その試用期間が異様に長いのがブラック企業の特徴です。6ヶ月以上の試用期間がある企業はまず疑ってよいでしょう。本来であれば契約社員といえども正当な理由なしに解雇することはできないのですが、ブラック企業はなんだかんだと理由を付けて正社員になる前に解雇してしまうのです。

ブラック企業 まとめ

ブラック企業の特徴として、雇用契約書を記入するに至らない場合があります。労働基準法では、この雇用契約書を書面にて明示しなければならないとあります。給料日になってはじめて、入社当初に提示された金額と額面が違うというケースがよくあるそうです。雇用条件は非常に大事です。記入させない企業は、自ら雇用契約書の提示を求めても良いでしょう。これを伝えるとブラック企業は渋ることが多いです。しかしそういった対応をする企業であれば、その時点で入社を断わるくらいで良いと思います。
⇒ ブラック企業・社畜から抜け出す方法はこちら
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。