クレヨンしんちゃん根強い人気の秘密とは?

子供から大人まで多数のファンがいて根強い人気のクレヨンしんちゃん。アニメも放送開始から20年を超える長寿番組に。そんなクレヨンしんちゃんの人気の秘密とは?

スポンサーリンク

嵐を呼ぶ永遠の5歳、野原しんのすけ

初めてクレヨンしんちゃんの漫画を読んだとき衝撃的だったのが、主人公である野原しんのすけのハチャメチャぶり。破天荒すぎて周りを振り回す、まさに嵐を呼ぶ存在。「こんな5歳児が本当にいたら大変だ」と思ったのを今でもよく覚えています。でも、ハチャメチャな中にも友情を大切にしたり、家族思いだったりと可愛げある一面を見せてくれるので、しんのすけを知ればしるほど大好きになっていきました。

テーマソングが頭から離れない

クレヨンしんちゃんといえば、オープニングとエンディングで使われる主題歌も特徴的なものが多いですよね。例えば、放送開始から10年間でいうと「パカッポでGO!」や「しんちゃん音頭」「パリジョナ大作戦」など、クレヨンしんちゃんの世界観が満載で、一度聞くと頭から離れないものばかり。たまに感動系の歌詞のものもあり、聞いていて心がほっこりします。
 

映画がとにかく泣ける

映画の時のクレヨンしんちゃんは、観ているとストーリーの後半で感動して泣ける場面があり、いつものクレヨンしんちゃんとは一味違います。最近公開された作品は「家族」をテーマとした題材のものが多く、野原家の大黒柱である父・野原ひろしが大活躍。私も映画を観てからは、すっかりひろしファンになってしまいました。みさえと私は歳が近いので「きっと子供がいたら、私もこうなんだろうな~」と思い親近感がわく存在です。

ゲームやグッズが可愛いのも魅力的

クレヨンしんちゃんは、ゲームやグッズが可愛いというのも魅力の1つ。特にしんちゃんの愛犬シロが可愛くて、ゲームセンターでシロのぬいぐるみをGETした時はすごく嬉しかったです。
ニンテンドーDSのゲームシリーズはほぼ全て持ってますし、他にもグラスとかお皿とか密かに色々集めてます。メモ帳は使うのが勿体ないので大事に飾っていますよ~。
 

忘れちゃいけない脇役キャラ

クレヨンしんちゃんで魅力的なのは、主人公しんのすけなど、野原一家だけじゃない。
しんのすけと関わりのある脇役キャラも際立っていて魅力的なんです。最初は風間くんや、まつざか先生などは、しんのすけに対して友好的ではなくライバルキャラ的な存在でしたが、回を重ねるごとに風間くんは、しんちゃんの親友ポジション、まつざか先生も性格が丸くなって友好的になっていった感じですよね。他にも、ボーちゃんやネネちゃん、まさおくん等、それぞれの個性があって良いと思います。

クレヨンしんちゃんの魅力まとめ

クレヨンしんちゃんが開始から20年以上経っても人気が健在なのは、20年以上の時を超えても子供から大人まで一緒に楽しめるからだと思います。私は子供がいませんが、金曜日の夜はまだ小さい甥や姪と一緒にテレビの前に座って観ています。笑いあり、涙あり、感動ありで毎週観ていて飽きないし楽しいですね。これからもテレビの前で応援していきたいです。
 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。